2005年01月08日

コインロッカー事件

昨日のこと。
九州から大阪に戻った私は、そのままある新年会に直行した。
大きな荷物を持っていたが、家に寄っている時間がなかったので、
途中、駅のコインロッカーに預けた。

楽しい楽しい新年会が終わり、上機嫌で駅のコインロッカーへと向かった。
鍵を穴に入れて横に回そうとしたが、鍵が回らない。
かなりつめこんだから、ドアがひっかかってんのかなあ、と思った。
今度は片手でドアを押しながら、鍵を回そうとしたが、
鍵は回らない。

おかしい。そんなはずはないので、何度もがちゃがちゃとやってみたがダメ。
これは、自力では無理だわ、と思って、問い合わせることにした。

周りを見回すと、壁に管理している事務所の電話番号が書いてあった。
携帯でかけようとしたら、携帯のバッテリーがきれていた。
しょうがないので、その場で覚えて、近くの公衆電話にかけに行った。

こんな時間にムリだろうなあ、と思っていたら、意外にも相手が出た。

「はい。もしもし」
「あっ、すみません。大阪駅のコインロッカーについてお聞きしたいんですが」
「・・・・・・。」
「大阪駅のコインロッカーの問い合わせ先ではありませんか?」
「(ちょっと笑いながら) ち、違います」

間違い電話をかけてしまった。
謝って、電話を切り、またコインロッカーのところに戻る。

どうしよう・・。終電の時間がどんどん迫る。
しょうがない、置いて帰るか、と思ったとき、
後ろから声が聞こえた。

「おねえちゃん、12時すぎて日付が変わったから、あと300円
入れなあかへんで」

あっ、なるほど〜!!!

通りすがりのおじさんが、教えてくれたのだった。
「ありがとうございます。」と言って後ろを振り返ると、
そのおじさんは、もう後ろ姿しか見えなかった。

300円いれたら、ロッカーは「はい、どうぞ」と言わんばかりに
素直に開いてくれた。
その発想は無かったなぁ。

教えてくれたおじさん、ありがとうございましたー。
新年早々、ハッピー。


posted by Kokoro at 01:03| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 小確幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。