2007年12月05日

世界コーチ大会で得たもの

ここ3ヶ月くらい一気にいろんなことが展開して、
最近「心」が疲れ気味だったが、今日一日お休みをとって一人でいて、かなり元気になった。

まずは、11月のはじめに国際コーチ連盟の年次大会に参加してきたことについて簡単に報告です。

場所はUSAカリフォルニア州にあるロングビーチというところ。
参加者はなんと36カ国から約1600人!
3日間、朝から夜までびっしりの基調講演や分科会をこなし、コーチング漬けの日々を過ごして得たものは、3つあった。

一つ目は、自分自身がどんなコーチになりたいかという、「未来のイメージ」を得たこと。
3日間のあいだに私が実際に出会ったとても魅力的なコーチたち。
自信に満ち、優しくて、好奇心旺盛で、柔軟で、勉強熱心で、頭がよくて、etc.
いまの私は、5年後、10年後、20年後の自分のなりたい姿をとてもクリアにイメージできる。

2つ目は、新しい目標。MCC(マスター認定コーチ)になること。

まだ世界中に600名ほどしかいないと聞いた。
この資格を取ることは、目標であり、目的ではない。
コーチとして成長する過程での一つのゴールだと思う。
何よりも、大会のあいだ私が会ったMCCの人たちがみな素晴らしくniceな人たちだったから。

最後に、日本からきた84名のコーチの方々に会えたこと。
なんと今回、85名の参加者が日本からあった。はるばるアメリカに行って日本からきた人たちに会うのも変だけど、よかった。
全員の方にはコンタクトできなかったが、数人でも素敵さが濃い方々でした。

総じて、思いきって参加して良かった。最高の5日間だった。
今回の参加は人生の中の可能性をかなり広げてくれた。
私自身の中でこれからどんな風に影響してくるか、とても楽しみだ。

帰国後、向こうで知り合ったアメリカ人のコーチとメールでやりとりをしていて、上記の「3つ」を得たことを伝えた。
すると、その人のお返事に、

『私のアドバイスとしては、その「未来のイメージ」を毎日思い浮かべること。−今日から始めて−。そうなった自分を考えて、感じて、そして未来の自分がするように行動してみて。まるで未来のAikoがあなたの横にいるようにイメージして。言い換えれば、自分を自分の未来のイメージのように行動をとらせてみること。』

と書いてあった。
うーん、やはりMCCは言うことが違う。
さっそくそのことを手帳に書いて、まるで自分が未来の自分であるかのように日頃振る舞っている(つもり)。
posted by Kokoro at 00:00| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
かなりのお久しぶりのrihoです。
なんだかいい風が吹いているみたいですね。
riverfieldさんの普段の努力と
チャレンジの積み重ねの結果ですよね。
私もブログを見て元気をもらいました。
ありがとう。
Posted by riho at 2007年12月07日 00:09
Rihoさん、コメントありがとうございます!
久しぶりだね。
この半年間、いろんなことがあったよ。
話したいことが沢山あります。

Posted by Riverfield at 2008年01月10日 00:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/71156069

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。