2005年07月21日

先輩の言葉

もうすぐ、社内である試験を受ける。
今日、数年前にその試験をパスした先輩と、立ち話をする機会があった。

その試験では、論文→プレゼンテーション→面接と進む。
私は、27日しめきりの論文がまだかけておらず、
実はかなり焦っていた。(今も焦っている)

「プレゼンテーションも、どんな風にしていいんでしょうね〜。
うまく話せるかなあ」と私が言った。

すると先輩は、

私なんか、『うまく話そう』なんて思わなかったよ。
だって本当の自分よりよく見せたって、いつかはぼろがでるし、
それで通ったとしても自分がその先、しんどいやん」

ありのままの自分を出したら、きっと受かるよ。
よく見せる必要ないって。
もし、それでダメだったとしても、今の自分には、今の役割が合っているんやなあと
思おうと思っていた。
すごく気楽に受けていたよ。」


そう言ってくれた。

ありのままの自分で勝負。
かっこつけないこと。
自分らしさをできるだけ出すこと。


なんか、自分はいつも、人前で話すときには自分をよく見せようとするなあと反省。
なんでだろう。
その先輩のいう通り、本当の自分が実際よりも良く受け取られたとしても、自分がしんどくなるだけなのに。

そして、逆に、ありのままの人に会ったときのキモチ良さを思い出した。
かっこつけない、オープンにできる自信、勇気、強さ、かっこよさ。

その人のそれまでの人生に裏付けされたものが、ありのままの自分を支えている。

頼むよ、今までの私の経験。
私の自信を支えてください。

そうすれば、きっと面接でも自分らしくいけるハズだから。
posted by Aiko at 00:00| 大阪 | Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あなたはとてもステキな女性だよ。
私の自慢の友達です。
暑いから体大切にして、がんばってね。
応援しています。
Posted by ぺんぎん at 2005年07月25日 05:13
おはようさんです。
ほんと、
今まで真剣に生きてきた”
今も真剣に生きている”

他の人との相対ではなく、
自分自身が納得するぐらい精一杯生きている
そんな自分を見てもらったらいいよね。
自分を出し切ってください。
大丈夫、大丈夫!!
yoo
Posted by yoo at 2005年07月26日 07:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック