2006年12月04日

セッションを始めて

私はいま、コーチのトレーニングの一環で、5人の方にコーチングをさせてもらっている。
スタートはバラバラだけど、だいたい10月からスタートしたので、そろそろ1ヶ月たつ方が多い。

毎回30分のセッション(コーチング中の会話)があっという間に過ぎる。
セッションをさせてもらって感じるのは、
コーチングとはなんて楽しいことなんだろうか、ということだ。
そして、自分はコミュニケーションについて、今までいかにものを知らなかったか、ということ。

コーチの本を読むと「答えは相手の中にある」とよく書いてある。
実際に自分でやってみるまでは、どういうことか実感がなかった。
今は「こういうことかな」と思えることが何度かある。

まだ資格をとる前の半人前なのに、毎回電話をかけてきてくれるクライアントの方々に、とても感謝している。
自分に一つ課しているのは、
「自分をプロだと思って、クライアントの方に接すること」。
緊張するけど、必要なことだ。

やっと第一歩を踏み出している状態で、まだまだ目指す状態にはほど遠いけど、とにかくコーチングの勉強を始めてよかった。

もっといろんなアプローチができるようになりたい。


posted by Kokoro at 23:13| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28932730

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。