2006年05月16日

仕事への誇り

今日、髪を切りに美容室にいった。

アシスタントのKさんと、お店の広告の話になった。
私が「ここは、ホットペッパーには載せないんですね」と聞いた。

するとKさんはニコニコしながら、
「うちはポリシーがあるんです。まあ、すごい雑誌が『出てください』ってお願いにきたら、考えてもいいですけどね」
と言った。
その場には私(客)と、他にスタッフ3人くらいがいて
そのKさんの回答に「おお〜」とどよめきが起こった。

するとそこに店長がきた。
Kさんが店長に同じ質問をした。
すると店長は
「まあ、そこまで困ってないんで。」とクールに言った。
周りにいたスタッフは「もっと強烈な答えが!」とさらにどよめいた。
この店長にして、このアシスタントあり。

実際にこの店はいつもお客さんがいっっぱいなのだ。
そして何回も来たくなる。
いろんなことがちゃんとしているお店だ。
そして働く人たちが「自分の仕事への誇り(プライド)」を持っている。
そのことがお店をさらに輝かせている。

帰りに聞いた話では、週に3日、レッスンの日があるらしい。
お店を閉めたあと夜の11時くらいまで。

仕事へのプライドを裏付ける努力。
努力しているからこそ、自信があるからこそ、言える一言がある。

努力していないのに、プライドばかり高くないか
過去の結果で満足してしまい、努力を怠っていないか
自分の仕事に誇りを持っているか


ただ「仕事が好き」と言えることもいいけど
プロとしてはもう一歩。
努力をすること。そして仕事への誇りを持つこと。

髪型と一緒に、仕事への意識もちょっと変わった。
posted by Kokoro at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。