2006年02月11日

英語でGO!

金・土と札幌に行って来ました。
<札幌の街は真っ白>
sapporo200602101537.jpg

今回の出張は英語を使って世界を感じるイベントのお仕事。
その名も『英語でGO!』
小学生が130人、集まった。

この子供たちは、普段英語を勉強しているが、あまり使う機会がない。
私の所属するチームは、こういうイベントを通じて英語に対する苦手意識というか概念を
変化させるために、「体感の場」を作る。

今回のイベントでは約1時間半ほどの時間の中で、
歌やダンスなどのアイスプレーキング(緊張ほぐし)から入り、
「英語は世界の共通語」を伝えるスキット(小劇)、留学生の国紹介スピーチ、
世界の国クイズ、子供たちからの質問タイム、などを行った。

私たち日本人は意外に知らないけど
英語を使うのはアメリカやイギリスなどの国の人ばかりではない。
いろんな国の人たちが、第二言語としてガンガン英語を使う。

現に、去年のイマージョンキャンプでは、
キャンプリーダー27名(17カ国)中、ネイティブスピーカーはいなかった。
全員が母国語で話すと本当にわけわからないけど、
英語というたった一つの言葉が使えるだけで、ミーティングができる。
パーティもできる。(彼氏や彼女もできる)

地球って広いなあ、とマジで感じる。それは本当に素敵な経験だ。

残念なことに、他の国の人に比べて日本人は特に
「間違ったら恥ずかしい〜」と言ってるのをよく聞く。
でも実際は誰も笑ったりしないですよ。
普段使う日本語だって、文法的にはいっぱい間違っているし。

何人でも、何歳でも、みんな同じ心を持った人間。
コミュニケーションできると、そのことがだんだんわかってきて
「ああ、英語ってこのためにあるんだな」と思えてくるのだ。

勇気を出して緊張しながらもおそるおそる英語を使う姿はかっこいい。
みんなで、英語でGO!しましょう。
posted by Kokoro at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。