2005年12月22日

日本

今日はちょっと恥ずかしいことを思い出した。
先日、全社員に出すメールを書いたとき、「下略」(文章の残りを省略すること)と
書かねばならないところを「後略」と書いてしまった。

なんかおかしいな、と思ったのはもうメールを出したあと。
若者は気づかないかもしれないが、おじさんたちはきっと「プッ」って笑っているだろう。
ああ、恥ずかしい。
このごろよく自分自身の「教養」のなさを痛感する。

いま読んでいる本に、近いことが書いてあった。
著者は「小学校から英語を教えることは、日本を滅ぼす最も確実な方法です」と書いている。
その理由は、「英語よりもまず先に国語を学ぶべき」
「表現する手段よりも表現する内容を整える方がずっと重要」だからだ。

日本語を学び、本を読み、まず日本について聞かれたことにきちんと答えられる上で
英語をいう手段を使ってコミュニケーションをとるのが本当の国際人であるとある。

安易に迎合するわけではないが、そう思うことは多い。
一度、外国人留学生に日本の作家は誰が好きかと聞かれて「村上春樹」と答えたところ
その人は「村上春樹」を知らなかった。

そして彼は「森鴎外の高瀬舟は読みました」と英語で言ったが、私は高瀬舟は読んだことがなく、森鴎外についてコメントできることは何もなかった。そして会話は終わった。
森鴎外について詳しく知る必要はないかもしれないが、その作品を通じてその留学生に日本の良さや特色を伝えられなかったことが、ものすごく恥ずかしかった。

だから今は、日本の文化や歴史についてもっともっと学びたい。
「情緒」や「わびさび」や「もののあわれ」など、対応する英語の単語がないような言葉でも
英語で説明できるようになりたい。

今年ももう終わりなのに、やりたいことは増えるばかりだ。

posted by Aiko at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック