2007年07月19日

未来へ行ってきた

先日のコーチングのセッションで、未来に行ってきた。

未来に行ったといっても、頭の中で。
どういうことかというと、
コーチに質問してもらいながら、自分の未来をイメージし、そのイメージの中で見たこと声に出していってみるというワークをやってみたのだ。

「では、目を閉じて、イメージしてください。
あなたは今、未来に行けるエレベーターに乗っています。
目の前に、あなたの行きたい年にいけるボタンがあります。
行き先の年を押してください」

私は2015年を押した。8年後。
エレベータが上がっていき、止まる。扉が開く。

「どんな光景が見えますか?」

私の場合、そこは緑の庭だった。そこで見えた風景は・・・ヒミツ。

「未来の自分は何をしていますか?」
「そこから感じ取れるものは何ですか?」

コーチが次々と質問し、私が答える。
自分の仕事、家族、周りにいる人、着ている服やその感触まで、見える。

終わりに近づき、コーチが言った。

「ではあなたの前にテレビがあり、そのテレビに2007年のあなたが映っています。2015年のあなたは、2007年の自分に何か伝えるとしたらどんなことでしょうか?」

未来の私から今の私へのメッセージは、ざっくり言うと
『焦るな。自分を信じてきちんと努力すればうまく行く』というものだった。
おみくじに書いてある文句みたい。

そして最後に、その未来にいる自分の感触を体で思い切り感じて、
またエレベーターで2007年に戻ってきた。

終了後、コーチングでこんなことまでできるんですね!と私が驚いて言うと、
「これは実際にはNLP(神経言語プログラミング)の『タイムライン』という手法なんです。」
とコーチ。
ますますびっくり。
コーチの引き出しが多いというのは頼もしいことだ。

その日から、未来へ向けてのモチベーションが段違いに高い。
それは、コーチが最後に言った一言のせいかもしれない。

『不思議なんですが、こうやって描いたイメージは実現するんですよ』

posted by Aiko at 00:00| 宮崎 ☁| Comment(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月17日

壁を崩す

この3連休は、大分出張だった。
大型台風の合間をぬっての研修3日間。久々に九州の台風の激しさをを体感。

3日間とは、ミーティングが2日と、
小学生が参加するイングリッシュ・イマージョン・デイが一日。
終わった後に、全員で振り返りのミーティングをした。

ミーティングの中で、
「自分たちの中で、コミュニケーションに壁があるように感じる」
という意見が出た。理由はいろいろあったが、数人から同様のコメントが出た。
私自身も感じたことがないと言えばウソになる。

すると、別のスタッフがこう言った。

「『壁がある』と思う人は、その人の頭のなかに壁があるんだと思います。
『壁がある』と思ったら、その壁を崩すのはだれですか。
それは自分しかいないんですよ。
どんなに小さいことでもいいから、声をかけるとか、挨拶をするとか。
自分からやるしかないんです。」

Bさんの言葉には、自分の経験から出てきた力強い何かがあった。

そうそう、受け止め方、なのかもしれない。
受け止めたものに対して、自分がどう行動を起こすのかがこれから問われてくる。

考えてみれば、国籍も文化もバラバラの58人(From 22カ国)の大人が一緒に働くのだから、お互いを理解するのに通常よりも時間もエネルギーもかかる。
「自分にとっての常識」が、そうではないことが多いから。

これは体験してみないと分からないことかもしれないが・・・。
だから言葉に出して聞いたり、伝えたりすることが必要。
今年も、この受け止め方を練習をしてきます。
10日間みっちり。

一つだけ、間違いのないことは、みんな参加する子どもたちのために最高のキャンプにしようと一生懸命だということ。
そこさえはずさなければ決定でしょう。

あと1ヶ月を切った。
posted by Aiko at 23:08| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

イン・ザ・プール

in the pool.jpg

「イン・ザ・プール」奥田英朗著。

友人がすごくお勧めしてくれて、読んでみたらすごーく面白かったので、私もお勧めします。
伊良部一郎という精神科の医者が、ちょっと変わった症状をもつ患者さんたちを治療(?)していく話。


治療といっても、全然お医者さんらしくない方法でびっくりします。

たとえば、表題になっている「イン・ザ・プール」という短編は、プールで泳ぐことの依存症になってしまった人の話。
伊良部先生がどうするかは、読んでからのお楽しみなんですが、
まあ、どっちが患者かわからないっていうか。
超、強烈なキャラクターです。
で、結果的に患者さんは元気になっていきます。

そしてなんだか読んだあとに、スッキリするっていうか、すがすがしいっていうか。

社会の中での精神的な病気って、そのことを深刻にとらえないのが一番の治療法なのかも、って思ったぴかぴか(新しい)

伊良部のような人がいたら、絶対に会いたい。
短編が5話入ってるので、5回楽しめるのもベリーナイスでした。

続編の「空中ブランコ」も取り寄せ中。
posted by Aiko at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月09日

ドイツからの手紙

japan.jpg

家に帰ると、手紙がきていた。
見慣れた文字で「JAPAN」と書いてある。
「きた!」と思った。
それは、ドイツにいるペンギンさんからだった。

ペンギンさんは7月から2ヶ月間、ドイツの大学の夏期講座に留学している。
先日、旅立ったところだ。
ちゃんとやってるかな。きっと、ビール飲んでるんだろうなあ。
うらやましい。

いつも自らの行動で、私にすごい刺激をくれる存在だ。
あー、ほんとにうらやましい。(ビールが・・)

ビールは飲んでいると思うけど、
きっと、勉強は楽ではないと思う。ドイツ語だしね。
でも、きっとペンギンさんは毎日がんばっていると思う。
きっと落ち込んでも次の日には元気になってるし、失敗したとしてもそこから何かを学んでストロンガーになっていると思う。

なにせ私たちには「雑草魂」(踏まれても踏まれても生えてくる)
があるから。

このブログも見ているかな。
手紙ありがとう!私は元気だよ。
日本から応援しているよ!

お互い、今年を『最高の夏』にしようね。
posted by Aiko at 23:33| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 友達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月04日

脱皮

さいきん「朝の15分片づけ」をやっている。
朝起きて紅茶を飲みながら、15分だけ家の中の気になる箇所を片づけする。

たとえば
おとといは、机の引き出し一個を整理した。
昨日は、未処理Boxに入っている書類を整理した。
今日は、雑誌を2冊、記事を切り抜いて捨てた。

自分に属するイラナイものを選別して捨てる作業は、
なんだか「脱皮」しているような感覚で、気持ちいい。
次の朝、片づけをしたいから、夜も早く寝るようになった(=お肌にもいい!)。

片づける物のなかには、思い出深いものもあるけど、
元気の出る思い出グッズだけちゃんと残している。
過ぎたことは、正直いって最近はどうでも良くなっている自分に気がついた。
それよりも、朝に考える今日一日のことで頭がいっぱいなのだ。

たぶん、この部屋は私にとって、未来にむけて自分をチャージする場所なんだと思う。
そういうわけで部屋のかたづけは、元気が出る。

それにしても、片づけてやっと人並みの荷物の量になる。
もっともっと身軽になりたい。
posted by Aiko at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 小確幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする