2006年12月25日

サンタクロース

いつもこのブログを読んでくださる方へ、メリークリスマス。
今年も来ましたね。

小学6年生のころ、サンタさんに「マンガの『キャプテン翼』をください」とお願いした。
クリスマスの朝、枕元に『キャプテン翼』の1巻〜12巻がおいてあった。(当時12巻までの発売)

高校生になって、サンタさんに「村上春樹の『はいほー』をください」とお願いした。
クリスマスの朝、やはり枕元に『はいほー』が置いてあった。
その頃あまりメジャーじゃなかったので、きっと本屋さんで探しただろうな〜。

私たちきょうだいのサンタさんは、最高のサンタさんたち(二人)だった。

ところで今年の話。
25日の今日は仕事。先週の疲れが体から抜けず、終日のミーティングはつらかった。夜、耐えきれずいつもの整体へ。

その帰り、ショッピングモールで福引きをやっていて、今日が最終日だった。私は手許に8回分の抽選券を持っていた。
しかし、、、列が半端じゃなく長い。100人は絶対並んでいる。

疲れ切っていた私は、速攻で「並ぶ」という選択肢を捨て、最後尾の女性に「これ、どうぞ」といって抽選券をあげた。
その女性は一瞬ビックリして、「ありがとうございます」と笑顔で受け取ってくれた。
これだけのことだけど、なんでだろう、少し元気になった。
私もいつか、誰かのサンタになれる日がくるのだろうな。

ちなみに、今年のイブは家にいて、M1(漫才の1位を決めるTV番組)を見ていた。M1は大好き。何かに本気の人たちを見るのはとても気持ちいい。チュートリアル、良かったですね。
そして夜はある方とコーチングのセッション。

イブは家にいるのが一番ですよ。
サンタさんもくるしね。
posted by Kokoro at 00:00| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

成功のイメージを持つ

12月のテーマは「成功のイメージ」を持つこと。

「成功」というと仰々しいが、そんなに大げさなものではなく、日常のよくあることに対して「うまくいく」想像をするカンジ。

例えば、次の日に早起きしたいとき、翌朝6時半に起きてゆっくり紅茶を淹れている自分を想像する。
人と会うとき、その人と楽しく話をしている自分を想像する。
プレゼンテーションをするとき、分かりやすく情熱的に話している自分を想像する。

これはコーチのトレーニングで聞いた言葉だけど、
「私たちは、自分が描くイメージによって行動している」そうだ。

つまり、上手くいくときも、反対に失敗するときも、実は自分の中のイメージがけっこう影響しているのだと思う。

どうせそうなら、トコトン上手くいくイメージを持てるようになりたい。
そのためには、訓練、訓練。

とりあえず、今週は忘年会ウィークなので、
お酒を飲んでも醜態をさらしていない自分をイメージすることにします・・。
posted by Kokoro at 23:20| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月14日

MBA

今日、ある経営大学院の入試説明会に参加した。
面白かったので報告しちゃいます。

MBA(経営修士号)を目指しているというわけではないが、以前から口コミで「いいよ」と聞いている学校だったのでずっと興味があった。
新聞でたまたま大阪で説明会があることを知り、なんとなく勝手に運命を感じて参加したのだ。

そのグロービ○経営大学院は、ハーバードでMBAを取得した学長が、この方法を日本にも広げたいと考えて設立した大学院で、社会人むけに平日の夜と週末に授業がある。出願資格にも「ビジネス経験3年以上」ということを掲げている。

説明会は思っていたよりもずっと心に響いた。
学長が「ハーバードで学んでよかったと思う理由」

@定石を学ぶ
 正解がない世界で、最善の解を求めていく。その上では定石はなくてはならないもの。

A考える力を育てる
 「知識や理論は、本を読むなりして自分で勉強してください。」
 ここではそれらの知識や理論をどう使って、自分の頭でどう考えるかを学ぶ。

B伝える能力を身につける
 書面だけでは人は動かない。的確にコミュニケーションする能力。
 人間関係能力が必要。

Cリーダーとしての自覚を持つ。

ここまで聞いて、身につけた知識の使い方を学ぶ勉強なんだなと思った。
しかし違った。

この大学の理念は「能力開発」「志」「ネットワーク」を培う場を提供し、
創造と変革を担えるビジネスリーダーを排出する、というもの。

「私たちは『志を持つ志士』を育てたいんです。」

つまり、ただお勉強したいだけの人は別の学校にいってください、ということで、自分の生きる目的や、やりたいことを実現したい人に来て欲しいということだった。

おもしろそう。もしこの学校に入ったら、一体どんな勉強ができるのだろう。どんな人たちと出会うのだろう。そして、自分はどんな風に成長するのだろう。
と率直に思った。

来年はすでに予定していることもある。
計画が多くて、経営大学院が入る余地はあるんだろうか。
まず出願はできるんだろうか。そもそも入試に受からないと。
というわけで、そろそろ来年の計画を立て始めようと思った。
posted by Kokoro at 23:49| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月04日

セッションを始めて

私はいま、コーチのトレーニングの一環で、5人の方にコーチングをさせてもらっている。
スタートはバラバラだけど、だいたい10月からスタートしたので、そろそろ1ヶ月たつ方が多い。

毎回30分のセッション(コーチング中の会話)があっという間に過ぎる。
セッションをさせてもらって感じるのは、
コーチングとはなんて楽しいことなんだろうか、ということだ。
そして、自分はコミュニケーションについて、今までいかにものを知らなかったか、ということ。

コーチの本を読むと「答えは相手の中にある」とよく書いてある。
実際に自分でやってみるまでは、どういうことか実感がなかった。
今は「こういうことかな」と思えることが何度かある。

まだ資格をとる前の半人前なのに、毎回電話をかけてきてくれるクライアントの方々に、とても感謝している。
自分に一つ課しているのは、
「自分をプロだと思って、クライアントの方に接すること」。
緊張するけど、必要なことだ。

やっと第一歩を踏み出している状態で、まだまだ目指す状態にはほど遠いけど、とにかくコーチングの勉強を始めてよかった。

もっといろんなアプローチができるようになりたい。


posted by Kokoro at 23:13| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。