2008年06月03日

ブログを移転しました

2008年6月からブログを移転し、

Happy KOKORO in Miyazaki をスタートしました。

<リンク先>

 http://happykokoromiyazaki.seesaa.net/

これからもよろしくお願いします。


Riverfield
posted by Kokoro at 00:56| 大阪 ☔| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月17日

引っ越し

昨日は引っ越しだった。
2年半住んだ部屋とお別れだ。

新婚旅行から帰ってきたのが3日前の朝で、そこから必死のパッチ(古い?)で荷造り。
1LDKとは言え、モノの多さはあなどれないのである。

そこに加えて、ひどい時差ぼけになった。夜は元気なんだが朝は体がまったくうごかない。
体内時計が狂いまくりなのだ。

彼のヘルプにより、なんとか荷造りを終えたのが、引っ越し屋さんがくる30分前。
荷物は全部で89個あった。

引っ越し先での生活では、『脱』ギリギリ人生をめざそう。

いよいよ宮崎生活がはじまる。
posted by Kokoro at 01:27| 大阪 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月05日

最終出社日

2008年3月5日水曜日。
15年勤めた会社の最終出社日。

今までたくさんの人を送ってきたが、自分が送られる日が来るとは思ってもみなかった。

朝は朝礼で最後のご挨拶をし、比較的順調なスタート。
ところが午前中、チームの留守番をしていたら、こんなときに限って電話が次々とかかり、予定していた仕事が進まない。

そして恐れていたことがおきた・・・。
夕方になっても片づかないのである。
最終出社日と知った方々からメールや電話をいただき、
その対応で午後のほとんどが過ぎた。
最後まで、ありがたい忙しさ。
最終日に仕事をしようと思っていた、私がアホだったが、
いい一日だった。

部署のみなさんからいただいたお花。
すごくきれいで嬉しかった。
最終出社日1small.JPG

夜は結局「のみに行こう」と誘ってくださった元上司のH染さんと現上司のT井さんを10時までお待たせして、3人で北新地の宮崎料理の居酒屋へ。

お二人は終電ギリギリまで一緒に飲み、駅まで見送ってくれた。
たぶん、一人で帰らせないための配慮。

最後まで優しい方々に支えられたなあ、と温かいけどちょっと寂しい気持ちの帰り道だった。
ありがとうございました。

おまけ。
家に帰ると、彼から「お疲れさまでした」のケーキが。
最終出社日3small.JPG




posted by Kokoro at 00:00| 大阪 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月26日

ありがとうございました

年末から入院していた叔父が2月23日に亡くなった。
告別式へ出席するため、急きょ延岡へ帰省。

前の日から帰っていた妹たちと弟によると、お通夜はみんなで想い出話をしながら朝の5時まで飲んでいたという。
当の叔父も、一緒に懐かしみながら聞いていたことだろう。

私と婚約者の彼は、朝の10時ごろに着いてお昼の3時にはあちらを出るというトンボ帰りの帰省だった。
が、帰ってよかったと思う。
久しぶりに親族が集まり、過去の話と未来にむけての話が両方出た。

叔父は父とともに会社の役員をしていた。
頭の良い人で、数字を並べると右に出るものはいなかった。
お酒とたばこが大好きで、オヤジギャグもよく飛ばした。
中小企業の仕事にはキリがない。悩みも多い。
きっと健康を削りながら仕事をしていたんだと思う。
ここまで会社を守ってくれていたのだろう。
後継ができることを、とても嬉しそうに話していたそうだ。

今までお疲れさまでした。
本当にありがとうございました。

次に帰る延岡は、叔父のいない延岡。
どんな風景が見えるのだろうか。

posted by Kokoro at 00:00| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月02日

幸せになる道

色々考えた末、今年の3月末に会社を退職することになりました。

会社に入って15年。
もっと成長できたんじゃないか。
自分の役割をちゃんと果たしてこれたんだろうか。
英語だって、もっと上手くなれたんじゃないか。
周りの人たちに、私は何をしてあげられたんだろう。

と、反省点は沢山あります。

会社の人たちに「退職します」と個別に打ち明けたとき、
別々の3人の人たちから同じ言葉を言われました。

「あいこさんが辞めてしまうのは残念ですが、
 あいこさんが幸せになる道を選んでほしいと思います。」

私の「幸せになる道」。
その方向にはきっと進んでいっていると思います。
posted by Kokoro at 23:01| 大阪 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月14日

実家生活

ここ1週間の実家生活。

朝は9時に会社(店)へ行き、
日中はひたすら会計の仕訳入力をして、
夜の7時に店を出て家へ帰る。
ちなみに自転車通勤。

夕食は母と妹と一緒に食べて、入院している父の話や、その日あったことを話したりする。
なぜか毎日2〜3時間はウダウダと話をするのだ。
これだけは何年経っても、メンバーが減っても、昔から変わらない。
たまにメンバー(姉弟)が全員揃うと女子校の放課後のようになる。
この時間が一番楽しみだ。

それにしても母は不思議な理屈を言う。
「夜に黒いコートを着るもんじゃありません」とか
「寝る前にパソコンを使うのはやめなさい」とか。
昔は素直にしたがっていたけど、
今は妹と二人で「なんでけ!」とツッコミを入れる。
母健在。

状況がどうであれ、家族の明るさと笑い声に気持ちが支えられている。
一日一日、感謝しながらベストを尽くしていきたい。
物事をプラスに受け止めて、いつも明るい人でいたい。
実家の生活が、エネルギーをくれている。

あと1週間だ。
posted by Kokoro at 22:29| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月11日

鏡開きとおぜんざい

おぜんざい.jpg

今日は鏡開きでした。
実家では、鏡餅のおモチを入れておぜんざいを作る習慣が残っていて、家やお店でおぜんざいを食べました。

自称アンコ評論家としては、美味しいおぜんざいを食べられるのはこの上ない幸せですが、一日3食となるとさすがに体重が気になります。

母の世代の女性たちは、みんな家でおぜんざいをつくるのが当たり前のようです。
私もマスターしたい一品です。
posted by Kokoro at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月08日

延岡の空

あけましておめでとうございます。

昨年末から年明けにかけて実家のある宮崎県延岡市に帰省をしていたところ、急きょ実家の家業を手伝うことになった。

というのは社長をしている父が昨年8月から入院しており、
その間いってを取り仕切っていた伯父が年末に入院してしまったためである。

急なことではあったが、いま勤めている会社の上司に無理を言って、2週間のお休みをもらった。
上司のTさんからは、「神様はその人にできないことをさせません。今が親孝行と底力のみせどころですよ」というメールをいただいた。

本当にありがとうございます。
感謝しています。

今日でまだ2日目。基本的には事務所にいるのだが今日の午後に父の病院へ行った。
私は車の免許を持っていないので、移動は自転車。
父が入院している病院までは、川べりの堤防をどこまでもどこまでも走る。
景色があまりに開放的なので、思わず写真を撮った。
大阪の生活では日頃見ることができない景色。
こんなにのどかな場所で育ったんだ、と再認識する。
Nobeoka.jpg

状況は決して甘くないけど、周りの人に感謝をしながら今の自分にできることをやっていこうと思った。
今がどんな状況でも、きっとよくなる気がする。

<おまけ:愛車のベンツ>
愛車のベンツ.jpg

posted by Kokoro at 23:56| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月31日

2007出来事ベスト7

『2007年出来事ベスト7』

1.初スリランカで友人の結婚式出席。(12月)
  年の瀬の12/24から5日間、スリランカに行った。
  スリランカは、とても美しい国。またぜひ行きたい。
  
2.認定コーチ試験 合格!(12月)
  12月に結果が発表され、晴れて認定コーチになった。
  まずは一歩。ゴールはまだまだ先だ。

3.婚約(11月)
  実は、婚約しました。
  お相手は2才年下の関西人です。

4.イマージョンキャンプ 今年も無事終了 (8月、10月)
  8月の横浜と10月の北海道。どちらも大きな事故もなく
  無事終わり、沢山の子どもたちと大人たちが羽ばたいていった。

5.初中国。北京と万里の長城でひとり感激。(4月)
  4月に旅行した北京。万里の長城はひたすらグレートだった。
  今年の世界遺産ノルマ達成。

6.世界コーチ大会 初参加(11月)
  11月にアメリカのロングビーチで開催された世界コーチ大会。
  コーチングの世界観が一気に変わった。
  自分の固定観念を塗り替えるすごい経験だった。

7.父の入院(8月)
  脳梗塞の3度目の発作。今までで一番重くて左半身が動かない。
  さいわい言語機能は無事だったし意識もはっきりしている。
  現在はリハビリで猛練習中。


けっこう動いた年だった。1月のことがはるか昔に思えて、何をしていたのかよく思い出せないくらいだ。
よく動いて、よく自分と向き合った。

2007も沢山の素敵な人たちに囲まれて、とても幸せな年だったと思う。
私にHappyをくれた人たちが、私と一緒にHappyになってくれていることを心から願う。

みなさんの2008が、さらに素敵な年になりますように。
posted by Kokoro at 00:00| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月05日

世界コーチ大会で得たもの

ここ3ヶ月くらい一気にいろんなことが展開して、
最近「心」が疲れ気味だったが、今日一日お休みをとって一人でいて、かなり元気になった。

まずは、11月のはじめに国際コーチ連盟の年次大会に参加してきたことについて簡単に報告です。

場所はUSAカリフォルニア州にあるロングビーチというところ。
参加者はなんと36カ国から約1600人!
3日間、朝から夜までびっしりの基調講演や分科会をこなし、コーチング漬けの日々を過ごして得たものは、3つあった。

一つ目は、自分自身がどんなコーチになりたいかという、「未来のイメージ」を得たこと。
3日間のあいだに私が実際に出会ったとても魅力的なコーチたち。
自信に満ち、優しくて、好奇心旺盛で、柔軟で、勉強熱心で、頭がよくて、etc.
いまの私は、5年後、10年後、20年後の自分のなりたい姿をとてもクリアにイメージできる。

2つ目は、新しい目標。MCC(マスター認定コーチ)になること。

まだ世界中に600名ほどしかいないと聞いた。
この資格を取ることは、目標であり、目的ではない。
コーチとして成長する過程での一つのゴールだと思う。
何よりも、大会のあいだ私が会ったMCCの人たちがみな素晴らしくniceな人たちだったから。

最後に、日本からきた84名のコーチの方々に会えたこと。
なんと今回、85名の参加者が日本からあった。はるばるアメリカに行って日本からきた人たちに会うのも変だけど、よかった。
全員の方にはコンタクトできなかったが、数人でも素敵さが濃い方々でした。

総じて、思いきって参加して良かった。最高の5日間だった。
今回の参加は人生の中の可能性をかなり広げてくれた。
私自身の中でこれからどんな風に影響してくるか、とても楽しみだ。

帰国後、向こうで知り合ったアメリカ人のコーチとメールでやりとりをしていて、上記の「3つ」を得たことを伝えた。
すると、その人のお返事に、

『私のアドバイスとしては、その「未来のイメージ」を毎日思い浮かべること。−今日から始めて−。そうなった自分を考えて、感じて、そして未来の自分がするように行動してみて。まるで未来のAikoがあなたの横にいるようにイメージして。言い換えれば、自分を自分の未来のイメージのように行動をとらせてみること。』

と書いてあった。
うーん、やはりMCCは言うことが違う。
さっそくそのことを手帳に書いて、まるで自分が未来の自分であるかのように日頃振る舞っている(つもり)。
posted by Kokoro at 00:00| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月20日

世界コーチ大会

WakuWakuの方にも書いたが、こちらでもお知らせ。

今年の10月31日から3日間、アメリカのロングビーチというところで『国際コーチ連盟 年次大会』 が開催される。
アメリカはもちろん、ドイツ、メキシコ、イギリス、フランス、韓国、日本などなど、世界中からコーチたちが集まって、学び合う。

平たく言うと「世界コーチ大会」。
これに参加してきます。

私はまだコーチングを始めて丸一年で、スキルもマインドも発展途上真っ最中である。

こんな大きな大会に出るのが、怖くないといったらウソになるが、でも、いいや、だからこそ、いったい『すごいコーチ』って言う人がどんな人たちなのか、この目で見てみたい。もしできれば、会って話しをして、何かを感じてきたい。

どんなことが起きるのかわからない。
人生変わっちゃうような出会いがあるかもしれないし、
自分の力不足を痛感して落ち込むかもしれない。

気軽に申し込んだのはいいけど、
日が近づくにつれ緊張が高まってきた。
イマージョンキャンプに申し込んだ子も、こんな気持ちなのかも。
一人で行くし、知り合いもゼロだけど、がんばります。

自分から行動を起こすとき、チャンスをつかんだのはいいが
目的をしっかりと持っていないと、少しのトラブルで落ち込む。
これは、コーチングの勉強であるとともに、
自分がもっと強くなるための修行だー。

未知の世界に飛び込むということは、
新しい自分を発見するっていうことかもしれない。
posted by Kokoro at 00:00| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月13日

自転車

今まで乗っていた自転車がなくなったので、新しい自転車を買いに行った。

どこで買おうか迷った。
品揃えが多くて安いカルフールとかホームズとか。
最近はまっている無印良品とか。
色も大事だし、予算もあるし・・。

すると、先日の妹との会話が頭のなかに浮かんできた。

妹『商店街を歩いていると、夫婦でやっているような小さな自転車屋さんがあるやん。
 自転車の空気を無料で入れさせてくれるような。
 最近、そういう店で買うことも大事かなって思うとよね。
 大きいところばっかりで買っているとお金が全部その会社に行ってしまうやろ』

そうそう。
つい、安くてきれいでお得なものを買うために、私たちは大手の販売店に行ってしまうけど、確かに偏るよね。
たまにはご近所の○○サイクルで買ってもよいのかも。

そして結局、近くの商店街にある自転車屋さんでネイビーブルーの27pチャリを購入。
初老のお父さんが色々と説明してくれ、その横でお母さんが防犯登録用紙をいそいそと準備してくれた。

ネイビーはまるで男の子のような色だけど、それ以外は満足ぴかぴか。
だいたい、私は最上志向なので(←強み分析)、求めるものを満たす自転車なんてないし。

それよりもおじさんの笑顔が嬉しい。
がんばれ中小企業!

posted by Kokoro at 00:00| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月11日

Waku Waku Woman への参加

この週末あけから、
『ワクワクウーマン』というブログがリニューアルされました。

このブログは、ペンギンさんとビバリーさんというバイタリティーを集めて女性にしたような二人がずっと続けていたものですが、リニューアルを機に私も参加することになりました。

http://ameblo.jp/wakuwakuwoman/

30代後半 仕事・勉強・恋・遊び・・・毎日ワクワク! 「ビバリー&ぺんぎん&ココロ」 3人のブログというのがサブタイトルです。

ぺんぎんさんとビバさんは、一人ずつでも十分本が書けるような濃い人生を送っている人たち。
ビバさんはすでに本を出版しているやり手だし、ぺんぎんさんの破天荒さは右に出るものなし。
そんなお二人と一緒にさせてもらえて、私はやや恐縮してるのですが、直感レベルで何かが起こりそうな予感がして、ワクワクしています。

Happy Kokoro の方は、今のところは続けたい。
35才になる11月の誕生日まで猶予期間です。

誕生日で思い出しましたが、今日10月11日は私の同志(と勝手に思っている)Sさんの誕生日でした。

Sさん誕生日おめでとう! バースデー

もう時間が遅いので、メールは送れないですが、
Sさんの夢を、私はいつもどこでもずっと応援しています。

私の人生の中で、何かが動き始めました。
posted by Kokoro at 00:00| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 友達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月24日

感動ラーメン

先週末は札幌出張でした。ホテルが近くだったのでラーメン横丁へ足を運んだ。

入ったお店は『ひぐま』。味噌バターコーンラーメン。
higuma [.jpg

久々にラーメンを食べて感動・・。
最初から最後まで美味しい。
スープで感動して、具で感動して、麺でまたまた感動。美味しい〜!!!
タクシーの運転手さんは「バターコーンなんて札幌ラーメンじゃないね!」と言っていたけど「そんなの関係ない!」くらい美味しかった。
3泊4日中、2回も行ってしまった。

その翌朝、ホテルの1階がスタバだったのでスタバで朝ご飯をたべました。

DSCF1029.JPG
かなりガッツリです。

窓際の席で食事してボーっとしていると、不思議に頭のなかが整理されてきて、いい時間を過ごしました。
posted by Kokoro at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

Lost and Found

私は日頃からとても忘れ物が多い人間で、このあいだもとんでもない忘れ物をしてしまった。

7月の終わりに、出張でマレーシアのクアラルンプールへ行ったときのこと。
そのとき泊まったホテルに、日記帳とメガネと万年筆を忘れてしまったのだ。

日記帳は3年間用のものなので、2005〜2007年7月までの記録がすべてつまっている。
万年筆も妹夫妻からもらったモンブランの万年筆で大のお気に入り。

忘れたことに気づいたとき、なんだか体の一部を忘れてきてしまったような気がして、しばし呆然とした。
日記帳もモンブランも、地震が起きたら真っ先に持って逃げるくらい私にとっては大事なもの。(と言いつつ忘れているけど)日本のホテルならまだしも、マレーシア!もし無くなっていたらどうしよう・・。不安がよぎる。

とりあえず落ち着いて、まずはホテルに電話。
House Keeping部の人が出て、確かに私の忘れ物がある、という。
それを送ってもらいたい、と言うと、
Emailでクレジットカードの番号を送れば送付の手配をしてくれるとのことで、Emailで手配をお願いして一安心。

そして荷物が無事に到着したのであった。

泊まったホテルはTraders Hotel Kualalumpur.
ホテルの人の対応がとっても丁寧だった。
よく見たらシャングリ・ラ ホテル系列のホテルだったので、ナットク。
日本にも外資系のホテルがどんどん入ってきているけど、
やっぱりサービスが半端じゃなく気持ちよいと思う。

写真はTraders Hotelのすぐそばにあったツインタワー。圧巻でした。

Maleysia 042.jpg Maleysia 082.jpg
posted by Kokoro at 00:00| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月27日

今年も8月9日〜18日の10日間、English Immersion Camp が無事に終わった。

キャンプ後、父が入院したという知らせが来た。
持病の3度目の発作。
翌日、会社に休みをもらい宮崎へ飛んで帰る。
キャンプが終わっていてよかった、と頭の片隅で思った。

病院へ直行すると、父はベッドの上で眠っていた。
命に別状はなく、意識もあり、受け答えもできる。
看護婦さんに名前を聞かれて「まーくん」とか「ブラッド・ピット」などと答えていた。
いつもの父だったが、後遺症は今までで一番重そうだった。

そんなときにまた、実家では台所のリフォームをしていて、毎日大工さんが家に来ていた。
その大工の親方は、父の古くからの友人でのみ友達。
『マーくん』&『よしちゃん』の仲だ。
今回のリフォームも、随分無理をきいてもらっているらしい。

親方は、入院の日以来、毎晩、父を見舞ってくれていた。

ある日、父が工事のお礼を言うため、病院のベッドの上から親方に電話をかけたことがあった。
私はそのとき、病院で父につきそっていた。
力のない声で「よろしくお願いします」と父がいうと、電話の向こうで鼻水をすする音がした。

そのとき家にいた妹によると、親方は涙を必死でこらえていたそうだ。

あらためて、父をすごい人だと思う。

小さい頃から家はもらい物で溢れていて、それはたいてい父の友人の方々からの贈り物だった。
でも取引先や形式上のものとはちょっと違う。ギョウザを作りにきてくれるSさんとか、なぜかいつも植木や鉢植えをくれるKさんとか。
今回のように台所のリフォームをしてくれるK親方も。

「お父さんは友達が多いなぁ」と思っていたけど、自分が大人になって、よくわかる。
父はただの友達ではなく、本物の人脈、マサノリネットワークを自然に作っていたのだ。

昔からあった商売人同士の持ちつ持たれつで、
お互いの生活を思いやり、家族を思いやり、お互い自身を思いやってきたのだと思う。

父はすごい人だ。一人の大人として。人間として。
今回の帰省で、それをとても強く感じた。

今回の父の病気は、家族一丸で取り組んでいかなくてはならない。
父と同じくらいすごい母を、サポートしていこうと思う。
posted by Kokoro at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月01日

延岡の海

6月に帰省したとき、妹と海に行きました。
その海の写真で、みなさんに暑中お見舞い、申し上げます。

2007.5 延岡の海 029.jpg

2007.5 延岡の海 021.jpg

2007.5 延岡の海 026.jpg

さすが宮崎、さすが延岡。
浜辺には人っ子ひとりいませんでした。
私と妹は、走ったり、叫んだり、転んだり、好き放題して
本当に気持ちよかった。

みなさんも良い夏休みを!
posted by Kokoro at 00:00| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 小確幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月17日

壁を崩す

この3連休は、大分出張だった。
大型台風の合間をぬっての研修3日間。久々に九州の台風の激しさをを体感。

3日間とは、ミーティングが2日と、
小学生が参加するイングリッシュ・イマージョン・デイが一日。
終わった後に、全員で振り返りのミーティングをした。

ミーティングの中で、
「自分たちの中で、コミュニケーションに壁があるように感じる」
という意見が出た。理由はいろいろあったが、数人から同様のコメントが出た。
私自身も感じたことがないと言えばウソになる。

すると、別のスタッフがこう言った。

「『壁がある』と思う人は、その人の頭のなかに壁があるんだと思います。
『壁がある』と思ったら、その壁を崩すのはだれですか。
それは自分しかいないんですよ。
どんなに小さいことでもいいから、声をかけるとか、挨拶をするとか。
自分からやるしかないんです。」

Bさんの言葉には、自分の経験から出てきた力強い何かがあった。

そうそう、受け止め方、なのかもしれない。
受け止めたものに対して、自分がどう行動を起こすのかがこれから問われてくる。

考えてみれば、国籍も文化もバラバラの58人(From 22カ国)の大人が一緒に働くのだから、お互いを理解するのに通常よりも時間もエネルギーもかかる。
「自分にとっての常識」が、そうではないことが多いから。

これは体験してみないと分からないことかもしれないが・・・。
だから言葉に出して聞いたり、伝えたりすることが必要。
今年も、この受け止め方を練習をしてきます。
10日間みっちり。

一つだけ、間違いのないことは、みんな参加する子どもたちのために最高のキャンプにしようと一生懸命だということ。
そこさえはずさなければ決定でしょう。

あと1ヶ月を切った。
posted by Kokoro at 23:08| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

イン・ザ・プール

in the pool.jpg

「イン・ザ・プール」奥田英朗著。

友人がすごくお勧めしてくれて、読んでみたらすごーく面白かったので、私もお勧めします。
伊良部一郎という精神科の医者が、ちょっと変わった症状をもつ患者さんたちを治療(?)していく話。


治療といっても、全然お医者さんらしくない方法でびっくりします。

たとえば、表題になっている「イン・ザ・プール」という短編は、プールで泳ぐことの依存症になってしまった人の話。
伊良部先生がどうするかは、読んでからのお楽しみなんですが、
まあ、どっちが患者かわからないっていうか。
超、強烈なキャラクターです。
で、結果的に患者さんは元気になっていきます。

そしてなんだか読んだあとに、スッキリするっていうか、すがすがしいっていうか。

社会の中での精神的な病気って、そのことを深刻にとらえないのが一番の治療法なのかも、って思ったぴかぴか(新しい)

伊良部のような人がいたら、絶対に会いたい。
短編が5話入ってるので、5回楽しめるのもベリーナイスでした。

続編の「空中ブランコ」も取り寄せ中。
posted by Kokoro at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月09日

ドイツからの手紙

japan.jpg

家に帰ると、手紙がきていた。
見慣れた文字で「JAPAN」と書いてある。
「きた!」と思った。
それは、ドイツにいるペンギンさんからだった。

ペンギンさんは7月から2ヶ月間、ドイツの大学の夏期講座に留学している。
先日、旅立ったところだ。
ちゃんとやってるかな。きっと、ビール飲んでるんだろうなあ。
うらやましい。

いつも自らの行動で、私にすごい刺激をくれる存在だ。
あー、ほんとにうらやましい。(ビールが・・)

ビールは飲んでいると思うけど、
きっと、勉強は楽ではないと思う。ドイツ語だしね。
でも、きっとペンギンさんは毎日がんばっていると思う。
きっと落ち込んでも次の日には元気になってるし、失敗したとしてもそこから何かを学んでストロンガーになっていると思う。

なにせ私たちには「雑草魂」(踏まれても踏まれても生えてくる)
があるから。

このブログも見ているかな。
手紙ありがとう!私は元気だよ。
日本から応援しているよ!

お互い、今年を『最高の夏』にしようね。
posted by Kokoro at 23:33| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 友達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。